メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小豆島のニホンザル、英タイムズ飾る 特別な瞬間切り取る

小豆島の群れを同じ日に写した1枚。中央がリーダーの「団十郎」=野見山桂さん提供

愛媛大准教授、野見山桂さん撮影

 厳冬の小豆島(香川県)で身を寄せて温め合うニホンザルの姿が昨年12月31日、英有力紙「タイムズ」に大きく掲載された。撮影者はアマチュア写真家で愛媛大沿岸環境科学研究センター准教授の野見山桂(けい)さん(39)。「生命の物語を感じたい」と四国各地で撮影した作品の英国紙への掲載は3回目となった。

 寒さから身を守るニホンザル特有の行動「猿団子」。香川県土庄町の「小豆島銚子渓自然動物園 お猿の国」で昨年2月に撮影した作品は、じっと目を閉じた母親の胸の中で不安そうに見上げる子の姿など、1匹1匹の表情が多くを訴える。英国のニュース・写真通信社から配信され、世界最古の日刊紙「タイムズ」の国際面を飾った。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです