メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

ゴーン前会長の勾留理由開示手続きが行われた東京地裁425号法廷。検察官と弁護人が向かい合い、「事実上の初公判」となった=東京都千代田区で2019年1月8日午前8時25分(代表撮影)

 東京地検特捜部は11日、日産自動車の資金を私的に流用するなどしたとして会社法違反(特別背任)でカルロス・ゴーン前会長(64)を追起訴した。また、日産の有価証券報告書(有報)に一部の役員報酬を記載しなかったとして金融商品取引法違反で前会長とグレッグ・ケリー前代表取締役(62)、法人としての日産を追起訴した。久木元伸・東京地検次席検事は同日、定例記者会見を開き、海外メディアを含めた報道陣の取材に応じた。主な質疑応答は以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り4122文字(全文4337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです