児童虐待は45%が6歳以下 NPOが保育所や幼稚園向けの独自対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NPO法人「ちゃいるどネット大阪」が作成したアセスメントシート=大阪市で2018年12月、芝村侑美撮影
NPO法人「ちゃいるどネット大阪」が作成したアセスメントシート=大阪市で2018年12月、芝村侑美撮影

 全国の児童相談所が2017年度、児童虐待の相談を受けて対応した件数の半数近い6万件超が6歳以下だったことが、厚生労働省のまとめで判明した。都道府県別で最多だった大阪府のNPO法人は6歳以下の被害の多さに着目。早期発見に役立ててもらおうと、保育所や幼稚園向けに独自のアセスメントシートを作成した。担当者は「日常的に子供や親に接する現場だからこそ見えるものがある」と話している。

 厚労省によると、全国の児相が17年度に対応した児童虐待の相談件数は13万3778件で、16年度の12万2575件から9%増加。うち45.7%の6万1096件が6歳以下だった。虐待を受けた児童は7~12歳が33.3%と最多で、3~6歳が25.5%、0~2歳は20.2%だった。都道府県別では大阪府が1万8412件で最多だった。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文891文字)

あわせて読みたい

注目の特集