メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレンタインにいかが? 信長ら武将テーマのチョコ販売 関ケ原町

徳川家康などの武将をテーマにしたチョコレート=岐阜県関ケ原町の関ケ原駅前観光交流館で2019年1月10日 12時06分17秒、渡辺隆文撮影

 戦国武将をテーマにしたチョコレート「つわもの」が、岐阜県関ケ原町の関ケ原駅前観光交流館で販売されている。岐阜県と関ケ原町が策定した「関ケ原古戦場グランドデザイン」の一環で、関ケ原古戦場の魅力を発信する。

     織田信長チョコは「熱き者」の名で、茶の湯をイメージ。宇治抹茶を使用したほか、黒、金、赤を基調としている。忍者の手裏剣をモチーフにした「疾風(はやて)の者」、信長の刀をイメージした「熱き者(刀)」など8種類(1080~2160円、税込み)も販売する。

     関ケ原の戦いの徳川家康をイメージした「不屈の者」や石田三成をイメージした「義の者」、豊臣秀吉や伊達政宗など各武将に由来のある食材を使用したバージョンもある。

     また、限定100袋で「不屈の者」と「義の者」のセット(2592円)を購入すると、杉の木で作られ家紋が刻印された「コースター」がプレゼントされる。同交流館のスタッフは「バレンタインデーに好きな男性にプレゼントしてもいいですし、歴史好きな女性でもおいしく楽しめます」と話す。【渡辺隆文】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
    2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
    3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
    4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
    5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです