本当に「わたしは、私」といえるのか パイ投げ広告「不快」の理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1月1日付の日経新聞に掲載されたそごう・西武の広告
1月1日付の日経新聞に掲載されたそごう・西武の広告

 次々と飛んでくるパイを女性が顔面で受けてクリームまみれ。「女の時代、なんていらない?」と冒頭で問い、最後に「わたしは、私」で結ぶ。百貨店大手「そごう・西武」による新聞広告や自社サイトの動画広告が議論を呼んでいる。「かっこいい」という好意的な意見もあるが、どちらかというと「気持ち悪い」など否定的な意見が目立つ。反応の背景を探った。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文1973文字)

あわせて読みたい

注目の特集