メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「地震忘れないで」20歳の自分へ、タイムカプセル開封 岩手・山田町

タイムカプセルの中身に笑顔を見せる大川海成さん(前列左から2人目)ら新成人=岩手県山田町の大沢小体育館で2019年1月12日午後、篠口純子撮影

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県山田町で12日、震災当時、町立大沢小の6年生だった新成人18人が、卒業時に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。20歳の自分にあてた手紙には「町はどうなっていますか」「地震を忘れないでほしい」など被害の様子や復興への願いが書かれ、新成人たちは古里への思いを新たにした。

 6年生29人は震災20日後の2011年3月31日、学校の敷地にタイムカプセルを埋めた。自分への手紙…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです