メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里「集中していく」 初場所土俵祭り、安全祈願

 土俵祭りに出席した(後列左から)白鵬関、稀勢の里関、鶴竜関。前列左は八角理事長=12日、両国国技館

 大相撲初場所初日を翌日に控えた12日午前、東京都墨田区の両国国技館で土俵祭りが行われ、進退が懸かる稀勢の里関や先場所全休の白鵬関、鶴竜関の3横綱、先場所初優勝の新関脇貴景勝関ら三役以上の力士や、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して15日間の安全を祈願した。

     土俵祭りに出席した(左から)白鵬関、稀勢の里関、鶴竜関=12日、両国国技館

     稀勢の里関は引き締まった表情で、力士人生を懸ける土俵を見詰めた。「いよいよですね。一日一番に集中していく気持ち」と心境を語った。

     土俵祭りでは今場所から立行司に昇格した第41代式守伊之助が祭主を務めた。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
    2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
    3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
    4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです