メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明大が22大会ぶり13回目の優勝 ラグビー大学選手権

【天理大-明治大】前半、攻め込む天理大の選手を止める森勇登(左)ら明治大の選手たち=秩父宮ラグビー場で2019年1月12日、和田大典撮影

 名門が復活し、平成最後の大学日本一の座に就いた。12日に行われたラグビーの第55回全国大学選手権決勝(東京・秩父宮)で、明大(関東対抗戦4位)が22―17で天理大(関西1位)を降し、1996年度以来22大会ぶり13回目の頂点に立った。

 明大は5点を追う前半7分に山崎、22分に高橋と両WTBがトライを決め、逆転に成功。12―5で迎えた後半は天理大に追い上げられたが、粘り強い防御が光り、逃げ切った。準決勝で10連覇を狙った帝京大を破った天理大はFW戦で勢いに乗れず、初優勝には届かなかった。

 明大・田中監督 (優勝が)22大会ぶりの実感はないが、悲願を達成できてうれしい。選手たちは天理大以上にタフで、我慢してくれた。一戦ずつ成長した。

 天理大・小松監督 決勝の重圧を感じた。明大は前回大会の決勝で悔しい思いをした。その差が出た。今回の経験を次の世代に受け継ぎ、日本一を目指したい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
  5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです