メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝2場所連続Vに挑む 大相撲初場所 13日から

優勝額贈呈式で並ぶ、秋場所優勝の白鵬(左)と、九州場所優勝の貴景勝=東京都墨田区の両国国技館で2019年1月12日午前10時32分、手塚耕一郎撮影

 大相撲初場所は13日、東京・両国国技館で初日を迎える。12日には、土俵祭と優勝額贈呈式が行われ、昨年9月の秋場所で41回目の優勝を全勝で飾った横綱・白鵬と、昨年11月の九州場所で初優勝した関脇・貴景勝に、毎日新聞社から優勝額が贈られた。貴景勝は「優勝額は夢だった。大きいし、立派だと思った。ありがたい」と喜んだ。

     貴景勝は初場所で2場所連続優勝に挑む。先日の二所ノ関一門の連合稽古(げいこ)で、横綱・稀勢の里に胸を借り、「いい経験になった」と話すなど好感触を得ており、初場所に向けても「結果を残すという気持ちが強い。精神力が試される」と意気込みを口にした。【飯山太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
    2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
    3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
    4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
    5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです