メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立ち上がり10分の2ゴールに表れた流通経大柏の強さ

【尚志-青森山田】前半、青森山田の天笠(上)と競り合う尚志の黒沢=埼玉スタジアムで2019年1月12日、宮武祐希撮影

全国高校サッカー準決勝(12日、埼玉スタジアム)

 ○流通経済大柏 5-0 瀬戸内●

 初出場の瀬戸内に、流通経大柏は立ち上がり10分間で2点を奪った。「勝つことは難しくなった」と瀬戸内の安藤監督が振り返った強烈な先制パンチに、今年の流通経大柏の特徴が出ている。

 まずは攻守の切り替えの速さ。先制点は自陣から左サイドへの長めのパスで始まった。中盤がすかさず前へ走る。走ればパスコースが生まれる。スムーズに左から中へとボールが動く。パスを出した岡本が足を止めずにゴールへ向かって斜…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです