メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子はJX-ENEOSとトヨタ自 男子は千葉と栃木が決勝へ 全日本バスケ

【富士通-JX-ENEOS】第4クオーター、シュートを放つJX-ENEOSの岡本彩也花(右)=さいたまスーパーアリーナで2019年1月12日、佐々木順一撮影

 バスケットボールの第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド第3日は12日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで準決勝が行われ、女子はJX―ENEOSとトヨタ自動車、男子は千葉と栃木が13日の決勝へ進んだ。

     6連覇を狙うJX―ENEOSは富士通の追い上げを振り切り、6大会ぶりの頂点を目指すトヨタ自動車はデンソーに快勝した。男子は3連覇を狙う千葉がA東京に競り勝ち、初優勝が懸かる栃木は京都を退けた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
    2. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
    3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 雑誌のハシゴ ブラックアウトが起きたら=荻原魚雷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです