メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくりお茶を

受験シーズン お汁粉でいっぷく

葉の落ちた木の上で、わずかに残っていた木の実を手にするサル=外ケ浜町蟹田で2018年12月19日、北山夏帆撮影

 お汁粉しるこって、なんであんなにおいしんでしょうか。

     11にち鏡開かがみびらきでした。お正月しょうがつかざった鏡餅かがみもちをお汁粉しるこ雑煮ぞうににしてべます。あまくて熱々あつあつのお汁粉しるこをふうふういながらいただくと、小豆あずきあまさがくちいっぱいにひろがります。つづいておもち一口ひとくち外側そとがわこうばしく、なかはもっちりと……いけない、あぶなく原稿用紙げんこうようしによだれがつくところでした。

       ◇◆  ◆◇

     鏡開かがみびらきがわるとお正月しょうがつ気分きぶんえ、いよいよ受験じゅけんシーズンです。まいしょう読者どくしゃなかには、猛勉強もうべんきょうをしているひともきっといるでしょう。

     受験じゅけんって本当ほんとう大変たいへんです。勉強べんきょう大変たいへんですが、ドキドキしたり、不安ふあんになったり、うまくいかなくていらいらしたり。編集長へんしゅうちょう中学ちゅうがく高校こうこう大学だいがく入試にゅうし経験けいけんしました。入社にゅうしゃも、日本語にほんご先生せんせいになるための試験しけんけたことがあります。これまでなんしょうなんぱいだったかというと……それはヒ・ミ・ツ。というか、もうよくおぼえていません。

     ひとつだけおぼえているのは、中学受験ちゅうがくじゅけんときいえ新聞しんぶんひらいたら、たくさんの受験生じゅけんせい写真しゃしんと「ちいさなかたはつ試練しれん」というおお見出みだしがあったことです。「へえーっ、これが試練しれんってものなんだ」とみょう感心かんしんしました。

     ご参考さんこうまでに、わたし試験しけんまえによくやった勉強法べんきょうほう紹介しょうかいします。

     まず、うす問題集もんだいしゅうを1さつえらびます。初日しょにち、1ページ問題もんだいき、間違まちがった問題もんだいにはしるしをつけます。

     2ふつか昨日きのうしるしをつけた問題もんだいと、2ページ問題もんだいきます。やはり間違まちがったところにしるしをつけます。

     すると1ページに、ふたしるしがついてしまう問題もんだいがあるんです。ありゃりゃ。昨日きのうやったばかりなのに、やっぱり間違まちがう。ここが自分じぶん苦手にがてな、かっていないところです。

     3みっか、1ページしるしふたつの問題もんだいと、2ページしるしひとつの問題もんだいと、3ページ問題もんだいきます。間違まちがった問題もんだいにはしるしをつけます。すると1ページみっしるしがつく問題もんだいが……大事だいじなのは、ここでがっかりしないこと。やった!とおもってください。だって自分じぶん弱点じゃくてん発見はっけんしたんですから。ここはあかかこみ、先生せんせいきます。

     これを毎日まいにちつづけます。うす問題集もんだいしゅうえらぶのは、問題もんだい重要じゅうようなものにしぼまれているから。試験しけん前日ぜんじつは、あかかこんだ問題もんだいだけやりなおします。

     この方法ほうほうは、記述きじゅつしき問題もんだいにはいていませんが、漢字かんじだとか理科りか社会しゃかい事柄ことがらをおぼえるにはわりといいです。でも編集長へんしゅうちょう自己流じこりゅうなので、ほかひとやくつかどうかはかりません。

     難関なんかんこうとよばれる中高一貫校ちゅうこういっかんこう校長先生こうちょうせんせいがたはよく「自分じぶんなりのまなかたを、自分じぶんつけすことが大事だいじです」とわれます。まなかた自分じぶんまなべ、ということでしょう。

     のう栄養素えいようそ糖分とうぶんです。他人たにん勉強法べんきょうほうより、あまいお汁粉しるこでいっぷくするほうがよっぽど試験しけんに「き」そう。受験生じゅけんせいのみなさん、ときには一息ひといきいれてね。【編集長へんしゅうちょう太田阿利佐おおたありさ

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
    3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
    4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
    5. 「韓国人は嫌いだ」酒に酔い空港職員暴行か 厚労省課長が韓国で逮捕され更迭に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです