メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木曽駒ケ岳で見つかったニホンライチョウ=2018年11月4日撮影、中田昌宏さん提供

 地球ちきゅう北半球きたはんきゅう北部ほくぶひろ生息せいそくするライチョウの亜種あしゅで、もっとみなみにすんでいます。本来ほんらい生息地せいそくち北極圏ほっきょくけんで、氷河期ひょうがき日本にっぽんうつりすんだとみられています。寒冷かんれい気候きこうもとめて高山こうざん生息せいそくするようになり、「氷河期ひょうがき遺留いりゅう動物どうぶつ」とばれます。体長たいちょうやく37センチメートル。なつ山肌やまはだせたしろちゃふゆ雪山ゆきやまおなしろはねいろえます。

     1955ねんくに特別天然記念物とくべつてんねんきねんぶつ指定していされました。環境かんきょう悪化あっか生息せいそくすうり、現在げんざいきたアルプスやみなみアルプスなどで2000以下いかとされています。環境省かんきょうしょうなどは人工繁殖じんこうはんしょくんでいます。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
    2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
    3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
    4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
    5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです