メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

双葉ダルマ市

にぎわう 三字の神楽、8年ぶり奉納 いわき /福島

 双葉町の伝統行事「ダルマ市」が12日、いわき市の災害公営住宅「勿来酒井団地」で2日間の日程で始まり、避難先から集まった町民やいわき市民でにぎわった。開会前の神事では、福島第1原発事故の影響で獅子頭が使えなくなり、一時途絶えていた双葉町の「三字(さんあざ)の神楽」が8年ぶりに奉納された。

 奉納したのは、同町三字地区の芸能保存会(11人)。笛や太鼓に合わせて丁寧で時に力強い舞を披露した。終了後は御利益を求めて獅子頭に頭をかんでもらう人の姿が見られた。

 原発事故が起きるまでは、ダルマ市で町内約10地区が集まる「奉納神楽大会」が開かれ、三字の神楽も毎年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです