メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
みのひだフォーカス

JR岐阜駅北口超高層ビル 駅前に福祉の拠点 超高齢社会「新時代の開発モデル」 /岐阜

 JR岐阜駅北口で建設が進んでいた地上24階建て超高層ビル(岐阜市高砂町1)が31日に完成する。住宅や商業施設以外に、3~15階の全218床と、16~21階の一部36戸に高齢者福祉施設「ジョイフル岐阜駅」が入居する。事業主の再開発組合の調査で、福祉事業者の引き合いが多かったといい、超高齢社会の進展が駅前の再開発事業にも及んだ形だ。市では「駅前でこれほどの規模の福祉施設が入居する再開発ビルは県内では初めてではないか」と話す。【高橋龍介】

 ビルは「岐阜イーストライジング24」。高さ95メートル、述べ面積約2万3800平方メートル。事業主…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1405文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです