メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダム耐震補強工事

知多・佐布里池で起工式 /愛知

 県営愛知用水工業用水道事業の貯水池・佐布里(そうり)池(知多市)で12日、ダムの耐震補強工事の起工式が行われた。池の水を全部抜いて底の一部地盤を改良し、約7万トンの盛り土で補強する。総事業費は21億円余で、2020年度の完成を目指す。

 約62万平方メートルの佐布里池は貯水量約500万トンで1965年に完成した。1日約40万トンの水を2市2町の44企業に送っている。

 池の西側には、高さ約21メートル、長さ約180メートルの中心コア式フィルダムがある。地震の際の液状…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです