メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古墳ラバーズ

百舌鳥・古市 世界遺産へ 「猪突猛墳」登録へ尽力 「もずふる応援隊」隊員・森緑さん /大阪

拝所から臨む誉田御廟山古墳がお薦めという森緑さん=大阪府羽曳野市で、池田一生撮影

 百舌鳥(もず)・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けて機運を高めようと、羽曳野市では約180団体と約1900人の大応援団が活動している。地元の有志の呼びかけで、2015年7月に発足した「もずふる応援隊」で、まさに街を挙げてのキャンペーンだ。

 その中でも特に熱い女性がいる。同市在住の隊員、森緑さん。その名の通り、いつも全身緑で決めている。古墳グッズを身に付けていることでも注目を集め、テレビやラジオなどに度々出演。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でも古墳の魅力を発信し続けている。

 「古墳好きな人を増やしたい」。そんな素朴な思いから、前方後円墳のかぶり物をかぶったイノシシのキャラ…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです