メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

防災意識、歩いて向上 尼崎西高生211人、被災地を50キロ /兵庫

「頑張ってます」のゼッケンを着け、出発から約34キロ地点を通過する兵庫県立尼崎西高の生徒たち=神戸市灘区で、高尾具成撮影

 阪神大震災の教訓を風化させず、災害への備えにつなげていこうと12日、県立尼崎西高校(尼崎市大島2)の生徒211人が、明石市のJR大久保駅前から同校までの約50キロの距離を歩く「震災メモリアルウォーク・強歩大会」に臨んだ。

 助け合いの大切さや防災意識を高めてもらおうと2014年から実施している。

 生徒たちは午前8時、「50キロウォーク実施中」などと書かれたのぼりを手にJR大久保駅前を出発。国道…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです