メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発と暮らし

島根2・3号機のいま/1 反対住民「子たちのため」 「恩恵受けた世代の責任」 /鳥取

「子どもたちにツケを回してはいけない」と原発ゼロを訴える大谷輝子さん(右)=鳥取県米子市加茂町2で、横井信洋撮影

 米子市選出の元共産県議、大谷輝子さん(82)は昨年11月30日、市中心部にある中国電力米子営業所前で、オーバーと毛糸の帽子を着用しマイクを握っていた。東日本大震災(2011年)による東京電力福島第1原発の事故後、全国で毎週金曜に有志が脱原発を訴える「金曜行動」の一環だ。「今も多くの人が避難を余儀なくされている。子供たちのために過去を学んで生かさなければならない」と呼び掛けた。

 1979年から米子市議を4期、95年から県議を1期務めた。原子力に関する知識を得るうちに「平和利用…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1423文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

  4. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです