メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発と暮らし

島根2・3号機のいま/1 反対住民「子たちのため」 「恩恵受けた世代の責任」 /鳥取

「子どもたちにツケを回してはいけない」と原発ゼロを訴える大谷輝子さん(右)=鳥取県米子市加茂町2で、横井信洋撮影

 米子市選出の元共産県議、大谷輝子さん(82)は昨年11月30日、市中心部にある中国電力米子営業所前で、オーバーと毛糸の帽子を着用しマイクを握っていた。東日本大震災(2011年)による東京電力福島第1原発の事故後、全国で毎週金曜に有志が脱原発を訴える「金曜行動」の一環だ。「今も多くの人が避難を余儀なくされている。子供たちのために過去を学んで生かさなければならない」と呼び掛けた。

 1979年から米子市議を4期、95年から県議を1期務めた。原子力に関する知識を得るうちに「平和利用…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1423文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです