パトランキタキュー

子どもを守る、胸にバッジ 市のネットワークに参加 戸畑で出発式 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ゆっくりと走りながら街をパトロールするパトランキタキュー(仲村龍治代表)が、市の「子どもの安全を守る『はいかい防止声かけネットワーク』」への参加を決めた。初日となった11日夜、戸畑区の牧山東市民センターで出発式があり、市からLED電球が組み込まれたバッジ約500個が提供された。

 このネットワークは、2016年7月の「子どもの安全を守る『深夜はいかい防止』北九州宣言」を機に、コンビニエンスストアやタクシー会社、ゲームセンタ…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

ニュース特集