メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

日本に見解要求へ 露「大戦後、自国領」 あす外相会談

日本への北方領土引き渡しに反対する人々=ロシア極東サハリン州で2018年12月、タス共同

 【大前仁(モスクワ)、光田宗義】河野太郎外相は12日、モスクワに到着した。14日にロシアのラブロフ外相と日露平和条約締結に向けた交渉のため会談する。交渉でロシア側は、北方領土が第二次大戦の結果としてロシア領になったとするロシア側の歴史認識について、日本の考えを表明するよう求めていく方針であることが判明した。日露外交筋が毎日新聞に明かした。プーチン露大統領が訪日する6月までに表明するよう日本に要求するという。

 日本は北方領土を「固有の領土」として返還を求めており、大戦の結果、ロシア領になったとする「ロシアの主張は受け入れられない」(外務省幹部)としてきた。安倍政権はプーチン氏訪日までに平和条約交渉を「大筋合意」に導きたいが、歴史認識など多くの課題が残され、交渉難航は必至だ。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナ「感染しやすさ、子どもも大人と同じ」米中チーム

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです