メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時代の風

無意識の壁を取り払う 「国語」と「日本語」の間=京都大教授・中西寛

中西寛・京都大教授=京都市左京区で2016年3月14日、小松雄介撮影

中西寛(ひろし)

 はやりの言い方をするなら、「平成最後」の新年を迎えた。すでに平成回顧が盛んになっているが、約30年を概括すれば、昭和戦後時代の制度や構造が保たれる一方で、社会の現実は大きく変化し始めた時代と言えるだろう。その底にある最も基本的な変化は、周知のように人口構造の変化である。平成10(1998)年ごろには15歳以上65歳未満の生産年齢人口が減り始め、平成20年ごろには日本の総人口が減少し始めた。

 これに対して労働力人口は平成の後半以降ほぼ横ばいだ。労働力人口は15歳以上で報酬のある仕事をしたり…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1729文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです