メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
時代の風

無意識の壁を取り払う 「国語」と「日本語」の間=京都大教授・中西寛

中西寛・京都大教授=京都市左京区で2016年3月14日、小松雄介撮影

中西寛(ひろし)

 はやりの言い方をするなら、「平成最後」の新年を迎えた。すでに平成回顧が盛んになっているが、約30年を概括すれば、昭和戦後時代の制度や構造が保たれる一方で、社会の現実は大きく変化し始めた時代と言えるだろう。その底にある最も基本的な変化は、周知のように人口構造の変化である。平成10(1998)年ごろには15歳以上65歳未満の生産年齢人口が減り始め、平成20年ごろには日本の総人口が減少し始めた。

 これに対して労働力人口は平成の後半以降ほぼ横ばいだ。労働力人口は15歳以上で報酬のある仕事をしたり…

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです