メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マケドニア

「北マケドニア」国名変更、憲法改正案承認 欧米、バルカンで影響拡大 露、NATO加盟懸念

憲法改正を審議する議会の建物の前で、抗議の声を上げる国名変更反対派の市民=スコピエで11日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】バルカン半島のマケドニアの議会(定数120)は11日夜、国名を「北マケドニア」に変更する憲法改正案を承認した。国名に反対してきたギリシャとの合意に基づく変更で、これでギリシャに阻止されてきた北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)の加盟に道が開くことになる。マケドニアの「取り込み」を目指してきた欧米は、国名変更を「歴史的(な決定)」と歓迎。一方、NATOなどの東方拡大を懸念するロシアは強く反発するとみられる。

 11日の投票は賛成が81人で、憲法改正に必要な議員の3分の2(80人)をかろうじて上回った。ザエフ…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです