メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア人女性

カナダへ亡命 「家族からの虐待」逃れ

 【バンコク共同】タイのスワンナプーム国際空港で拘束された後、家族の虐待などから逃れるためとして第三国への亡命を目指していたサウジアラビア人の女性ラハフ・ムハンマド・クヌンさん(18)が11日、カナダに向けて出発した。タイのメディアなどが12日までに報じた。

 カナダのトルドー首相は11日の記者会見で「カナダは人権や女性の権利を擁護する重要性を理解している」と述べ、クヌンさんを難民として受け入れることを明らかにした。

 クヌンさんは5日、空港で当局にパスポートを取り上げられ、拘束された。「帰国させられれば生命の危険に…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  2. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです