メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ

サっぱり漁獲量、4ねン続き低水準、来マせん近海に 昨年12万トン弱 遠くなった漁場/資源枯渇の懸念も

主力の大型船が水揚げした大ぶりのサンマ=北海道根室市の花咲港で2018年8月24日、本間浩昭撮影

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は12日までに、2018年の全国のサンマ水揚げ量が前年比55%増の11万9930トンだったと発表した。歴史的な不漁だった17年は上回ったものの、例年の20万トン以上の漁獲量に比べると低水準にとどまった。組合は「4年連続の不漁だった」と説明している。

 サンマが集まる漁場が港から遠い状態が続き、不漁につながった。19年も漁場は遠いとの見方が専門家の間である。詳しくは分かっていないが、漁場の位置は海流や海水温の変化などが影響するとされ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです