メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

賃貸住宅で暮らす 高齢者専門の仲介業者も

セーフティネット住宅として登録された空き物件。都心から離れている一方、2LDKで家賃5万9000円。夫婦二人でも住みやすそうだ=東京都昭島市で、塩田彩撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 高齢になると賃貸住宅を借りにくくなり、特に身寄りのない単身者は苦労するという。だが若い借り手にはないよさがあり、高齢者対象の仲介業者も登場している。高齢者特有の住まいの問題点と、解決のための手立てを探った。

 65歳以上の高齢者に限定して、首都圏中心の賃貸住宅物件を仲介する異色の会社がある。東京都杉並区の「R65」だ。2015年5月のサービス開始時から現在まで、約200人の賃貸住宅入居を仲介した。毎月40~50件程度の問い合わせがあり、入居者の家賃は6万~8万円が5割強を占める。

 山本遼社長によると、賃貸住宅を借りている高齢者は全国で約600万人、民間の賃貸住宅を借りているのは…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2301文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです