メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

賃貸住宅で暮らす 高齢者専門の仲介業者も

セーフティネット住宅として登録された空き物件。都心から離れている一方、2LDKで家賃5万9000円。夫婦二人でも住みやすそうだ=東京都昭島市で、塩田彩撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 高齢になると賃貸住宅を借りにくくなり、特に身寄りのない単身者は苦労するという。だが若い借り手にはないよさがあり、高齢者対象の仲介業者も登場している。高齢者特有の住まいの問題点と、解決のための手立てを探った。

 65歳以上の高齢者に限定して、首都圏中心の賃貸住宅物件を仲介する異色の会社がある。東京都杉並区の「R65」だ。2015年5月のサービス開始時から現在まで、約200人の賃貸住宅入居を仲介した。毎月40~50件程度の問い合わせがあり、入居者の家賃は6万~8万円が5割強を占める。

 山本遼社長によると、賃貸住宅を借りている高齢者は全国で約600万人、民間の賃貸住宅を借りているのは…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです