メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

賃貸住宅で暮らす 高齢者専門の仲介業者も

セーフティネット住宅として登録された空き物件。都心から離れている一方、2LDKで家賃5万9000円。夫婦二人でも住みやすそうだ=東京都昭島市で、塩田彩撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 高齢になると賃貸住宅を借りにくくなり、特に身寄りのない単身者は苦労するという。だが若い借り手にはないよさがあり、高齢者対象の仲介業者も登場している。高齢者特有の住まいの問題点と、解決のための手立てを探った。

 65歳以上の高齢者に限定して、首都圏中心の賃貸住宅物件を仲介する異色の会社がある。東京都杉並区の「R65」だ。2015年5月のサービス開始時から現在まで、約200人の賃貸住宅入居を仲介した。毎月40~50件程度の問い合わせがあり、入居者の家賃は6万~8万円が5割強を占める。

 山本遼社長によると、賃貸住宅を借りている高齢者は全国で約600万人、民間の賃貸住宅を借りているのは…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです