メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『鶴見俊輔伝』=黒川創・著

 (新潮社・3132円)

思想家鶴見を正面から描く

 亡くなって3年余となる鶴見俊輔。その名を聞いて思い出されるのは何だろう。

 『回想の人びと』(ちくま文庫)の表紙、南伸坊の手になる可愛い鶴見の横顔か。あるいは京大会館でクリームソーダを飲む鶴見か。

 いずれも穏やかな鶴見の姿だ。だが今回、黒川創が書いた評伝の表紙、ハーヴァード大学入学記念に撮影された少年の写真は、怜悧(れいり)な美しい貌(かお)をしてこちらを凝視している。

 晩年の鶴見は人を見る時、「この人は国民の中にいて自分一人の道を歩く人かどうか」を尺度とすると述べる…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです