メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『ぼくの伯父さん 長谷川四郎物語』=福島紀幸・著

 (河出書房新社・4752円)

禁欲的に描いた「共作」

 長谷川四郎は、一九〇九年、函館に生まれた。父親の淑夫(よしお)は佐渡の出身で、東京で学んだあと、郷里にできたばかりの尋常中学校の英語教師を三年ほど務めた。その間の教え子に、北一輝がいる。やがて「北海新聞」主筆となり、筆禍で投獄されたものの、「函館新聞」に迎えられると、北一輝と関わりのある行地社を通じて大川周明を知り、満州建国の理想を追うようになる。

 四郎はその名のとおり四人兄弟の末っ子である。長兄海太郎(かいたろう)は、林不忘(ふぼう)、牧逸馬(…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです