メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『イナカをツクル わくわくを見つけるヒント』=嵩和雄・著、筒井一伸・監修

 (コモンズ・1404円)

 著者は都市と農山漁村の交流を促進し、都市生活者の地方移住を手助けするNPO法人「ふるさと回帰支援センター」の副事務局長。長らく地域づくり活動に携わり、自身も熊本県小国町に移住した体験を持つ。本書は、日刊農業紙『日本農業新聞』で1年余り連載したコラムを大幅に加筆修正し、まとめたものである。

 本編は45のトピックに分かれ、それぞれが「読み切り」スタイルになっているが、単なる地域おこしやUタ…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです