メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

岩間陽子・評 『西洋の自死…』『アフター・ヨーロッパ…』

 ◆『西洋の自死 移民・アイデンティティ・イスラム』=ダグラス・マレー著、町田敦夫・訳

 (東洋経済新報社・3024円)

 ◆『アフター・ヨーロッパ ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか』=イワン・クラステフ著、庄司克宏・監訳

 (岩波書店・2052円)

押し寄せる大波の激しさを体感

 二〇一五年ヨーロッパ「難民危機」が始まった時、思い出したのは、昔歴史の授業で習った「ゲルマン人の大移動」だった。なるほど、人の移動で国が亡(ほろ)ぶとはこういうことか、と思った。その後様々な措置が取られ、ヨーロッパにやってくる難民の数は減少した。しかしこの危機以前から、ヨーロッパ内外の大規模人口移動は始まっており、その累積的な影響により、「ヨーロッパ」そのものが滅びる危機に瀕(ひん)しているとする書が相次いで邦訳された。

 ブルガリア人のイワン・クラステフは、欧州統合の理想としての力が、今まさに滅びんとしていることに警鐘…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1522文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです