メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

岩間陽子・評 『西洋の自死…』『アフター・ヨーロッパ…』

 ◆『西洋の自死 移民・アイデンティティ・イスラム』=ダグラス・マレー著、町田敦夫・訳

 (東洋経済新報社・3024円)

 ◆『アフター・ヨーロッパ ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか』=イワン・クラステフ著、庄司克宏・監訳

 (岩波書店・2052円)

押し寄せる大波の激しさを体感

 二〇一五年ヨーロッパ「難民危機」が始まった時、思い出したのは、昔歴史の授業で習った「ゲルマン人の大移動」だった。なるほど、人の移動で国が亡(ほろ)ぶとはこういうことか、と思った。その後様々な措置が取られ、ヨーロッパにやってくる難民の数は減少した。しかしこの危機以前から、ヨーロッパ内外の大規模人口移動は始まっており、その累積的な影響により、「ヨーロッパ」そのものが滅びる危機に瀕(ひん)しているとする書が相次いで邦訳された。

 ブルガリア人のイワン・クラステフは、欧州統合の理想としての力が、今まさに滅びんとしていることに警鐘…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです