メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『東欧音楽綺譚』=伊東信宏・著

 (音楽之友社・2484円)

地球大の規模で音楽史眺め直す

 グルジアの音楽学者ジョルダーニアの『人間はなぜ歌うのか?』(アルク出版企画)は、音楽の起源、言語の起源を考えるうえで示唆に富む好著だが、これまでの音楽学への痛烈な批判をも含む。個別研究者は視野が狭く、広い視野に立つべき比較研究者は個別研究をおろそかにしがちだというのだ。

 伊東信宏の『東欧音楽綺譚』はその意味できわめて重要な本である。月刊『レコード芸術』に連載していた時…

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文2049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです