メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『ラグビー もっとも受けたいコーチングの授業』 著者・徳増浩司さん

 ◆徳増浩司(とくます・こうじ)さん

 (ベースボール・マガジン社・1728円)

「エンジョイ」がモットー

 9月にアジアで初めてラグビーワールドカップ(W杯)が開催される。著者は、日本ラグビーフットボール協会の交渉役として、W杯の日本誘致を実現した立役者の一人として知られる。本書では、選手個人のスキルを高める方法など、これまでに実践してきたラグビーのコーチング理論についてまとめているが、民間企業の管理職にとっても大変参考となる一冊だ。

 国際基督教大学(ICU)卒業後、西日本新聞社に入社。記者を経て、1970年代後半にラグビーの本場ウ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです