メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『トラブゾンの猫 小田実との最後の旅』=玄順恵・著

 (岩波書店・1836円)

 小田実が亡くなって早いもので十年余になる。半生を伴(とも)にした「人生の同行者」が「作家」との最後の旅を振り返る。旅好きだった「作家」と出かけたのは古代ギリシャ文明の足跡が残るトルコ各地。

 トロイ遺跡、アソス、そして黒海に面した古代ギリシャの植民都市トラブゾン。行動する作家として知られた小田実だが、若き日に学び終生愛したのはギリシャの古典。戦後民主主義の申…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです