メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島津亜矢

博多座初座長 15~27日、芝居とコンサート

 <日曜カルチャー>

 熊本県出身の演歌歌手、島津亜矢が博多座の特別公演(15~27日)に初登場する。芝居「おりょう-龍馬の愛した女-」(大内美予子原作、池田政之脚本、市川正演出)とコンサートの2部構成。「本当に感無量。お客さんに喜んでいただけるよう、精いっぱい務めたい」と話す。

 九州で生まれ育った島津にとって、博多座はあこがれの劇場。敬愛する北島三郎のステージを客席で鑑賞しており、自らが座長として舞台に立つことには万感の思いがある。

 「公演が実現できて幸せ。こちらに帰ってくると温かさを感じます。やっぱり九州は良かね~」とほほ笑む。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです