メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム ウラジオストク 明治維新前から日本人が

ウラジオストクにある旧日本総領事館の建物

 2017年11月半ば、私はロシア・ウラジオストク空港の出発ロビーにいました。出国審査後で普段はほっとした雰囲気が漂うのですが、その日は緊張した様子で座る同じ服装の集団がいました。そして週2便の平壌行き旅客機ツポレフが出発すると、誰もいなくなりました。北朝鮮労働者を多数受け入れてきたロシアの制裁強化がひしひしと感じられた瞬間です。平壌までは飛行機で約1時間。ひとっ飛びです。

 昨年5月のウラジオストクは晴れた日が続いていました。シベリア鉄道の終着駅のすぐ前にある広場には、1…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです