メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頼もしい学生消防団員 長崎県は加入促進強化 3市3町に31人

消防ホースを片付ける消防団員の学生=長崎県佐世保市川下町の佐世保市消防団第25分団で、和田恭代撮影

 高齢化や人員不足が課題になっている消防団で活動する学生が増えている。長崎県佐世保市では、県立大学佐世保校と佐世保高専の学生11人が市消防団に所属。訓練を積んで災害現場に出動するほか、広報活動などにも活躍している。【和田恭代】

 消防団員は、火災や災害の現場で消火活動などをする非常勤特別職の公務員。県消防保安室によると、県内の団員数(昨年4月1日現在)は1万9738人(前年同期比123人減)で、40代以上が4割を超える。県は消防団の組織強化のため大学生の加入促進に取り組んでおり、学生団員は3市3町…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです