メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三木元首相の実家解体「待った」 市民ら保存の動き 徳島・阿波

解体される予定の三木元首相の実家。奥の納屋には防音シートが設置された=徳島県阿波市土成町で2019年1月12日午後0時53分、松山文音撮影

 徳島県阿波市出身の三木武夫元首相の実家が解体されることになった。築80年以上と老朽化していることから、親族が跡地の寄贈を市に打診。保存する案も出たが、市は「郷土の偉人でも、実家の維持管理費に公金は支出できない」として、お遍路が休憩できる公園に整備する方針を決めた。これに対し、住民有志が12日、現地で意見交換会を開催。保存を模索する動きが出てきている。【松山文音】

 市や関係者によると、住宅は、木造平屋約110平方メートル。別にあった生家が取り壊され、1937年ご…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです