メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女優の市原悦子さんが死去 82歳 「家政婦は見た!」「まんが日本昔ばなし」で人気

市原悦子さん

 ドラマ「家政婦は見た!」シリーズで知られる女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名・塩見悦子=しおみ・えつこ)さんが12日、心不全のため死去した。82歳。通夜は17日午後6時、葬儀は18日午前11時、東京都港区の青山葬儀所。葬儀委員長は熊野勝弘ワンダー・プロダクション社長。

 千葉県生まれ。1957年に俳優座の劇団員となり、翌年、「びわ法師」で新劇新人推賞を受賞。その後も、「三文オペラ」「ハムレット」「ト…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです