メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久保、渡辺ともに陣形整備 渡辺が封じる 王将戦1日目

久保利明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2019年1月13日午前9時5分、小林努撮影

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、静岡県掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)が13日、掛川市の掛川城二の丸茶室で始まり、午後6時、渡辺が43手目を封じ、1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は渡辺3時間55分、久保3時間32分。14日午前9時に対局を再開する。

 現役最年長タイトル保持者の久保が防衛すれば3期連続5期目、渡辺が奪取すれば5期ぶり通算3期目となる…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです