久保、渡辺ともに陣形整備 渡辺が封じる 王将戦1日目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
久保利明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2019年1月13日午前9時5分、小林努撮影
久保利明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2019年1月13日午前9時5分、小林努撮影

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、静岡県掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)が13日、掛川市の掛川城二の丸茶室で始まり、午後6時、渡辺が43手目を封じ、1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は渡辺3時間55分、久保3時間32分。14日午前9時に対局を再開する。

 現役最年長タイトル保持者の久保が防衛すれば3期連続5期目、渡辺が奪取すれば5期ぶり通算3期目となる。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集