メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指定避難所の38%が浸水想定域 豪雨時 東京23区は5割

昨年12月の小田川の堤防(右)=岡山県倉敷市真備町で2018年12月16日、本社ヘリから山崎一輝撮影

 全国20政令市と東京23区で、災害後に被災者が避難生活を送る指定避難所(指定予定も含む)の38%が洪水の浸水想定区域にあることが、毎日新聞の取材で分かった。大阪市は淀川や大和川の氾濫で8割超が浸水する可能性があり、東京23区も海抜ゼロメートル地帯が広がる東部を中心に5割が浸水想定域にあった。多くの自治体は浸水被害後の避難生活先の確保を課題とし、他自治体への広域避難の検討に乗り出している。

 国は温暖化による水害の激甚化に対応するため2015年に水防法を改正し、想定最大規模(1000年に1…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです