メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

経済 景気回復 期間より暮らしの実感

年末の買い物客がひしめく築地場外市場=東京都中央区で2018年12月30日、宮間俊樹撮影

[PR]

柳原美砂子やなぎはらみさこ 毎日新聞まいにちしんぶん 経済部けいざいぶ副部長ふくぶちょう

 みなさん、今年ことしもよろしくおねがいします。新年しんねんは「景気けいきい」はなしから。政府せいふ昨年さくねんれ、景気けいきくなっている期間きかんが2012ねん12がつ~18ねん12がつの73かげつ(6ねん1かげつ)にたっし、戦後せんご最長さいちょう記録きろくならんだ可能性かのうせいたかいと発表はっぴょうしました。

     これまでの最長さいちょう記録きろくは02ねんがつ~08ねんがつの73かげつ。それにいでいたのが、1965ねん11がつ~70ねんがつの57かげつつづいた「いざなぎ景気けいき」で、終戦しゅうせん日本経済にほんけいざいがどんどん成長せいちょうし、高度経済成長こうどけいざいせいちょうばれた時期じきでした。

     景気けいきくなった期間きかんわるくなった期間きかんは、最終的さいしゅうてきには経済学者けいざいがくしゃひとたちでつくる政府せいふ会議かいぎが1ねんほどかけて判定はんていします。この会議かいぎは、現在げんざい景気けいきくなっている期間きかんが、2017ねんがつ時点じてんですでに「いざなぎ景気けいき」をえて戦後せんごながさになったことは認定にんていしています。

     もし、今月こんげつ景気けいきくなれば、74かげつとなって戦後せんご最長さいちょう記録きろく更新こうしんです。新年しんねん早々そうそうおめでたいはなしのようですが、世間せけんからは「実感じっかんがない」というこえおおこえてきます。それもそのはず、13~17ねんの5年間ねんかんで、はたらひと賃金ちんぎんねん平均へいきん)がえたのは16ねんだけ。いくら景気けいきくても、収入しゅうにゅうえなければ実感じっかんはわきませんよね。

     もうかっている会社かいしゃおおいのに、はたらひと賃金ちんぎん大幅おおはばげようとしないのは、日本にっぽん人口じんこうなかで「将来しょうらいもうからなくなるかもしれないから、手元てもとにおかねいておこう」とかんがえる会社かいしゃおおいからだといわれます。しかも最近さいきんは、アメリカと中国ちゅうごく貿易ぼうえきをめぐって対立たいりつするなど、世界経済せかいけいざいにとって心配しんぱいはなしもいろいろてきています。

     景気けいき期間きかんはこのまま最長さいちょう記録きろく更新こうしんするかもしれませんが、大事だいじなのは期間きかんながさよりも、らしがゆたかになっているかどうかなのです。


     経済部けいざいぶで、省庁しょうちょう銀行ぎんこう、メーカーなどの取材しゅざい担当たんとう趣味しゅみ散歩さんぽ山歩やまあるき。学生時代がくせいじだい少林寺拳法しょうりんじけんぽうをやっていました。1973年福岡県生ねんふくおかけんうまれ。好物こうぶつは、博多はかたではなまべることがおおいサバ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

    3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

    4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

    5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです