メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の#埼玉

コミュニティー放送パーソナリティー エフエム茶笛(入間市) 高橋理恵さん(49) /埼玉

 東京都江東区で生まれ育ち、川越市の東京国際大学を卒業して普通のOLをしていましたが、小さい頃からの夢を思い出し、アナウンス専門学校で声優の勉強を始めました。手塚治虫さんの「リボンの騎士」や魔女っ子系のアニメを見て育ちましたから。洋画の吹き替えやCMのナレーションをしているうち、たまたまパーソナリティーの仕事に巡り合って。こちらの局の開局時ですから、22年になるんですかね。

 番組のゲストに生態系保護協会の方がいらっしゃって、いろいろお話を聞いているうちバードウオッチングに参加するようになり、それが趣味になってもう10年以上になります。(入間市内を流れる)入間川とか霞川とかでしたら、この辺の人が好きなのはたぶんカワセミ。カメラマンがいつも写真を撮っているような場所が入間川にありまして。カワセミは年がら年中いるんですよ、青い鳥で、きれいで。カワセミからバードウオッチング…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです