メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

潜む差別=川崎支局長・市村一夫 /神奈川

 数日前、サッカーJ1で活躍する元スペイン代表選手が、顔を黒く塗った人物と映った写真をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿したところ、「人種差別を助長する」と批判が集まった。キリスト教の故事に登場する黒人に扮(ふん)して顔を黒くしていたという。前年の今ごろは日本のテレビで、タレントが黒人の有名俳優をまね、黒いメーキャップをして同じような批判を浴びた。

 こうしたことが起こる度に、心の中で「そんなに目くじらを立てなくても」とつぶやいてきた日本人が相当数…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです