特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

将棋のまち・掛川城対決

第68期王将戦第1局 緊張の中、対局始まる 参観の小4「夢みたい」 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催、囲碁・将棋チャンネル協賛)の第1局(後援=掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送、協賛=掛川信用金庫、ゼロの会、協力=日本将棋連盟掛川支部、同浜松支部)が13日、掛川市の掛川城二の丸茶室で始まった。対局は14日まで行われる。【舟津進】

 午前9時の対局開始を前に参観者が棋士を待つ間、茶室内には静寂が広がった。渡辺棋王がまず姿を見せ次いで久保王将が将棋盤を挟んで着座した。松井三郎市長が勢いよく振り駒を行い、渡辺棋王の先手が決まった。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文979文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集