メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

豊田災害ボランティア会議代表・高桑俊康さん(54) /愛知

 1995年は、その年に発生した阪神大震災でボランティアに注目が集まった。もともとボランティアに興味があったが、阪神大震災の時は「行こうと思ったが、今の自分では力になれるかどうか分からなかった」と現地行きを断念した。ボランティアの調整機能などに課題も感じていた。

 そんな折、新聞で目にした西尾市災害ボランティアコーディネーター養成講座の募集記事。さっそく講座に通い、2000年にコーディネーターの資格を取得した。トヨタ自動車に勤めながら、その翌年、豊田災害ボランティア会議を設立した。着実に組織態勢を整え、福井豪雨(04年)、新潟県中越地震(同)、東日本大震災(11年)など全国の災害支援に汗を流してきた。

 NPO法人「愛知ネット」(安城市)の理事も務める。約100人のスタッフを抱え、被災者のニーズと支援者のシーズ(技術)をマッチングする活動にも力を入れる。指定管理者制度で法人が得る資金を元手に、東日本大震災では現地のボランティアスタッフに日当を支給した。その行動は「人と金がきちんとしていないと継続的支援はできない」との強い信念に裏付けられている。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  5. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです