メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

長岡京市長選 中小路氏が再選 大差で堀川氏破る /京都

京都・長岡市長選で再選を決め、万歳三唱する中小路健吾氏(中央)=同市の事務所で2019年1月13日午後10時40分、篠田直哉撮影

 任期満了に伴う長岡京市長選は13日投開票され、無所属で現職の中小路健吾氏(45)=自民、立憲民主、国民民主、公明推薦=が、無所属で新人の堀川圭太氏(41)=共産推薦=を大差で破り再選を果たした。投票率は36・04%(前回43・86%)。当日有権者数は6万6273人(男3万1726人、女3万4547人)だった。

 旧民主党の府議3期や府連幹事長を務めた中小路氏は2015年1月の前回市長選に離党して臨み初当選した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです