メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

阪神大震災24年 「伝える場、あることに価値」 復旧工事描くドラマ 主演の井浦さん、慰霊碑へ /兵庫

東遊園地を訪れ「1.17希望の灯り」の説明を聞く井浦新さん(左)と案内する藤本真一さん=神戸市中央区で、倉田陶子撮影

 阪神大震災からの復旧工事を描いたドラマ「BRIDGE はじまりは1995・1・17 神戸」(15日午後9時、関西テレビ)に主演する俳優、井浦新さん(44)が12日、神戸市中央区の東遊園地を訪れた。地元NPOの説明を聴きながら「1・17希望の灯り」や「復興と慰霊のモニュメント」を見学し、「どれだけ大きな災害だったのか実感した。日常の中に、震災の記憶を伝えていく場所があることに価値がある」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです