メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

古都市民と生鮮果物購入量 果物を食べましょう /奈良

 1300年前の平城京の都人たちはどんな果物を食べていたのでしょうか。

 当時の文献を調べてみると、春にはビワ、夏にはスモモや梨、秋にはナツメやクリ、ウリ、ブドウ、冬にはクルミなどを楽しんでいたようです。日々の糧を得るのに精一杯な時代ではなかったかと想像していましたが、季節感があり種類も豊富です。

 スーパーや果物店に色とりどりの果物があふれる現代、奈良市民に人気の果物は何でしょうか。

 総務省統計局の家計調査で、1世帯あたりの果物の年間購入量を探ってみました。都道府県庁所在市と政令指…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです