メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

古都市民と生鮮果物購入量 果物を食べましょう /奈良

 1300年前の平城京の都人たちはどんな果物を食べていたのでしょうか。

 当時の文献を調べてみると、春にはビワ、夏にはスモモや梨、秋にはナツメやクリ、ウリ、ブドウ、冬にはクルミなどを楽しんでいたようです。日々の糧を得るのに精一杯な時代ではなかったかと想像していましたが、季節感があり種類も豊富です。

 スーパーや果物店に色とりどりの果物があふれる現代、奈良市民に人気の果物は何でしょうか。

 総務省統計局の家計調査で、1世帯あたりの果物の年間購入量を探ってみました。都道府県庁所在市と政令指…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです