メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鏡開き

温かいぜんざい 「四国村」に笑顔 高松で /香川

振る舞われたぜんざいを食べる親子=高松市屋島中町の四国村で、小川和久撮影

 高松市屋島中町の「四国村」で13日、鏡開きがあり、来場者にぜんざい約200杯が振る舞われた。県内外から訪れた観光客が、温かいぜんざいを食べながら一年の無病息災を願った。

 正月行事を楽しんでもらおうと、四国村が10年以上続けている恒例イベント。年末に杵(きね)でついた餅を一口大に切って炭火で焼き、小…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです