鏡開き

温かいぜんざい 「四国村」に笑顔 高松で /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
振る舞われたぜんざいを食べる親子=高松市屋島中町の四国村で、小川和久撮影
振る舞われたぜんざいを食べる親子=高松市屋島中町の四国村で、小川和久撮影

 高松市屋島中町の「四国村」で13日、鏡開きがあり、来場者にぜんざい約200杯が振る舞われた。県内外から訪れた観光客が、温かいぜんざいを食べながら一年の無病息災を願った。

 正月行事を楽しんでもらおうと、四国村が10年以上続けている恒例イベント。年末に杵(きね)でついた餅を一口大に切って炭火で焼き、小…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

あわせて読みたい

注目の特集